スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフライナーノーツ スイムソー・ツイストEP編



1. スイムソー・ツイスト(原曲:萃夢想)
イントロのグリッサンド、スリーコードのAメロなど、The Surf Coastersの「Fly Up」のオマージュです。
非想天則のキャラクター選択画面のままボーッとしていた時に「ああ、こうしよう」と思いついたものです。
2本のギターの掛け合いの部分は自分でも気に入っています、初代Guitar Freaksの「Fire」を2人でプレーしているみたいで。

2. ワイプアウト・オニガシマ(原曲:御伽の国の鬼ヶ島 ~ Missing Power)
タイトルはサーフの名曲「Wipe Out」からですが、スリーコードの要素は一切無いです。
原曲にある3/4拍子の部分は4/4拍子に変え、ロックンロール的なリズムに。
クロマチックラン(テケテケテケテケ...)の入れ方が一番うまくいった曲だと思います。

3. Onikoroshi(原曲:旧地獄街道を行く,華のさかづき大江山)
アレンジ、タイトリング、何から何まで上手くいった曲。The Champsの「Tequila」のパロディ。
元ネタであるTequilaではメロディをサックスが演奏しているのですが、
自分は管楽器を演奏できないのでオクターブファズをかけたギターでメロディを弾き、グループサウンズっぽくしています。
下戸であまりお酒を飲めない人なので鬼ころしを飲んだことがないです、申し訳ありません。




「スイムソー・ツイストEP」について自分が下す総評としては、
前作「スカーレット・サンド・ビーチEP」とうって変わり、
Dick DaleやThe Surf Coastersなどハードなサーフサウンドを表現しているが、
オルガンやピアノを使用しなかったため音色に乏しく一番つまらない作品になってしまった。

というところに落ち着きます。
(後でSound Cloudで公開した収録曲の再生数の伸びや、あまり話題を聞かないので...)

あと、自分のプロダクトのミスで全曲BPM174と一定になっています、
スイムソー・ツイストとワイプアウト・オニガシマのカウントを聴いてると分かります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。