スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフライナーノーツ ローカンケン・ストラックEP編



最初の頒布(C87)から一年経ってしまいました。
しかも頒布したはその一回きりなんですよね......身内には会うたび渡していたのですが......


今回もジャケットが素晴らしいです。
刀を構える妖夢のカッコ良さ、燃えるような勇ましい半霊、国内盤レコードのジャケットをモチーフにしたダサさが合わさり前回のCD「ハクレイ・ザ・ダンマクサーファーEP」よりビジュアルがパワーアップしてます。 琴さんしゅごい。
特設サイトのデザインに盛り込まれている「TSUJIGIRI MASTER」の文字や、キャッチコピーなどはローカンケン・ストラックの元ネタの楽曲「Samurai Struck」が使われたPS2のゲーム「武蔵伝Ⅱ」が元となっています。デザインしたきょっかりんありがとう。


1.ローカンケン・ストラック(原曲:広有射怪鳥事 ~ Till When?/東方妖々夢 ~ Ancient Temple)
タイトル、曲の構成ともにThe Surf Coastersの楽曲「Samurai Struck」のパロディ、オマージュです。
「ローカンケン・ストラック」って文法的に合ってるんですかね......合ってないよなぁ......。
出だしの「ガッシャーン!」という音はスプリングリバーブが付いたギターアンプを揺らして出した音です。
サーフロックでよく使われる音であるため、以前から「自分も使いたい!」と思っていました。
しかし、使いどころがなかったり、入れるのを忘れていたりしたのでやっと今回やっと使用することができました。
曲のモチーフは昨今まったく見なくなった妖夢の二次創作ネタ「辻斬り妖夢」の今さらな焼き増しです。
さくらゆっけの楽曲で初めてギターソロを入れたのですが出来に納得がいっていません。ほんの少しではあるのですが......。
バックの音とかもうちょっと重ねられたらなあ。


2.光さす地獄跡(原曲:廃獄ララバイ)
「The House of the Rising Sun(邦題:朝日のあたる家)」という楽曲のオマージュです。
さらに突き詰めると、The Venturesが1965年の日本公演で演奏したバージョンを元にしています。
「Live in Japan '65」で探すといいと思います。
ちなみに、さくらゆっけ初の3/4拍子の曲です。いちにっさん、いちにっさん。
元々、The House of the Rising Sunのオマージュは幽香の曲でアレンジをつくり、邦題にならって「ひまわりの咲く家」というタイトルにする予定でした。
しかし、とある方から「廃獄ララバイと朝日のあたる家が合うよ~」というアドバイスを受け、廃獄ララバイのアレンジとして制作しました。 正直ここまでしっくり合うとは。
The Venturesのカバー元のThe Animalsのようなボーカルバージョン。または、The Venturesのスタジオバージョンの様なオルガンを前面に出したインストとしてリアレンジしたいですねえ。
クロスフェードでは聴く事ができないのですが、三番のメロディが自分でも気に入っていて、ギター弾く際のウォーミングアップによく弾いています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。